マスクといっても、巷には色々な種類のマスクがありますね。では、どのマスクがどういった目的で作られているのかご存知ですか?自分の用途に合わせて正しいマスクを選びましょうね。

3種類に分けられるマスク

特徴:サイズ、素材、形状が豊富で、フィルターと通気性のバランスが良い為長時間の使用が可能。日常的に使用されるもので、風邪や花粉対策、防寒や保湿などに良く使用されます。

家庭用マスクは、その素材で、
ガーゼタイプ・・・綿織物を重ね合わせたもの。花粉を防ぐために中に特殊フィルタを縫いこんでいるものもあります。
不織布タイプ・・・複数の原料を組み合わせているため、厚みや空間を調整出来るという特徴があります。使い切りが前提というものが中心です。

家庭用マスクの形状の違い

平型マスク
平型マスク

特徴:天然素材の綿織物を使用している。保湿性が高く、睡眠時や就業時のエアコンの乾燥から喉を守るのに効果的











プリーツ型マスク
プリーツ型マスク

特徴:プリーツ状になっているため、口とマスクとの間に空間が出来るので、呼吸が楽に行え、マスクしながらの会話でもマスクがずれたりすることが無い。 

立体型マスク
立体型マスク

特徴:人間の顔の形に合わせてデザインされているため、息苦しさやしゃべりにくさが軽減します。また、マスクと口元に空間が出来るので、口紅移りが無いのも特徴です。
 
主に医療現場、医療用として使用される感染防止用マスクです。別名「サージカル(手術の)マスク」
防塵対策として、工場などでの作業時に使用されるマスクです。別名「防塵マスク」お肌にクリームをぬってマスクにするというのも!